【ビスワ(ポーランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は23日、ポーランドのビスワで開幕する。22日は個人第1戦(ヒルサイズ=HS134メートル)の予選が行われ、昨季のW杯個人総合王者、小林陵侑は118・5メートルの127・6点で4位となり、24日の本戦に進んだ。

 気温が高いため着地点付近の雪の状態が悪く「着地が怖くて気を抜けない」という。それでもテレマーク姿勢をきちんと入れ「(直前の練習に比べ)ラストのジャンプは何とかまとまった」と安堵した。

 伊東大貴ら4人は上位50人による本戦出場を決めた。47歳の葛西紀明は落選した。