楽天は23日、クレジットカードの「楽天カード」とスマートフォン決済の「楽天ペイ」で同日朝から不具合が起き、カードを使ったキャッシングなど一部のサービスが利用できなくなったと明らかにした。楽天カードの利用者は約1800万人に上る。

 一方、九州電力の子会社「QTnet」(福岡市)は同日、企業などに提供しているデータセンターの設備に不具合が発生し、システムが一時停止したと発表した。センターを利用する楽天カードや福岡県庁、九電などに影響が出たという。同社は、楽天カードのトラブルとの関連や詳しい原因を調べている。