【バンコク共同】アジア歴訪中のローマ教皇(法王)フランシスコは23日午前、日本に向けて訪問先のタイの首都バンコクを出発した。23日夕に羽田空港に到着し26日までの滞在中、被爆地の広島と長崎を訪れ核兵器廃絶の必要性を訴えるほか、東京では東日本大震災の被災者とも交流する。ローマ教皇の訪日は故ヨハネ・パウロ2世の1981年2月以来、2回目となる。

 教皇は24日に長崎市の爆心地公園から「核兵器に関するメッセージ」を出し、広島市の平和記念公園では「平和のための集い」も実施する。