【ロンドン共同】12月の英総選挙を前に、主要政党の党首らが22日夜、BBC放送の生討論番組に出演した。最大の焦点となる欧州連合(EU)離脱問題で国民投票の再実施を掲げる最大野党労働党のコービン党首は、離脱でも残留でもない「中立な立場」を取ると選挙戦で初めて明言。早期離脱を目指すジョンソン首相が猛反発した。

 番組では各党首が順番に出演し、参加した市民らからそれぞれ質問を受けた。二大政党で与党保守党の最大のライバルとなる労働党は、EUと新たな離脱条件で合意した上で、離脱と残留との間で再び国民投票を行うとの公約を掲げている。