20カ国・地域(G20)外相会合は23日、自由貿易の推進などをテーマとする全体会合を名古屋市で開いた。6月の首脳会議(G20大阪サミット)で採択した「大阪首脳宣言」が自由で公平な貿易・投資環境の実現を提唱したのを踏まえ、世界貿易機関(WTO)改革やデジタル経済の国際的なルールづくりを巡って議論を深める。

 議長を務める茂木敏充外相が終了後に記者会見し、成果を総括する。

 全体会合は3部構成。自由貿易のほか、持続可能な開発目標(SDGs)とアフリカ開発を議題とする。茂木氏は日米貿易協定や環太平洋連携協定(TPP)といった経済連携の意義を説明する考えだ。