大相撲九州場所13日目の22日、新小結朝乃山が10勝目を挙げて今年54勝目となり、初の年間最多勝を確定させた。残り2日間とも敗れ、2位で52勝の小結阿炎が連勝しても1位で並ぶ。年6場所制となった1958年以降で小結以下の力士が最多勝に輝くのは初めて。上位陣に休場が相次いだ今年を象徴する形となった。

 先場所終了時点で45勝とトップだった御嶽海と阿炎の勝ち星の伸びがいまひとつで、朝乃山は着実に白星を重ねた。春場所と名古屋場所で7勝8敗と負け越したが、初優勝した夏場所で12勝、殊勲賞を獲得した秋場所で10勝と活躍した。