北海道の鈴木直道知事は22日の定例記者会見で、札幌市の観光名所で「赤れんが庁舎」として親しまれる国重要文化財「北海道庁旧本庁舎」の改修工事の延長を検討していると明らかにした。札幌で開催される2020年東京五輪のマラソンは、庁舎前を通るコースをベースに検討が進んでおり、世界に庁舎の外観を見せるため囲いで覆う時期を遅らせる考えだ。

 鈴木知事は会見で「道内有数の観光スポット。マラソンと競歩の開催を通じて魅力を世界に発信する絶好の機会だ」と述べた。