【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は22日、11~17歳の青少年に推奨される少なくとも1日1時間の運動について、約8割が行っていないとの初の世界規模の調査結果を公表した。運動不足は2016年に女子の84・7%、男子の77・6%に上り、WHOは早期の対策が必要としている。

 WHOの調査は、01~16年に、146カ国の11~17歳の生徒ら約160万人を対象に実施。日本は含まれていない。運動不足の割合は01年の82・5%から16年には81%と微減したが、常に8割を上回る高い水準となっている。