政府は21日、全世代型社会保障検討会議を官邸で開き、日本商工会議所の三村明夫会頭や連合の神津里季生会長から年金や医療制度改革などについて聞き取りを実施した。厚生年金の加入拡大には三村氏は「慎重に対応してほしい」と否定的な見解を表明。神津氏は「すべての労働者を原則適用させるべきだ」と主張し、中小企業側と労働側でそれぞれ意見が分かれた。

 三村氏は厚生年金の保険料は労使折半のため中小企業の負担増につながる点を理由に挙げた。一方、神津会長は厚生年金に加入できる水準が下がることで労働者の将来の安心が確保できると説明した。