麻生太郎副総理は21日の参院財政金融委員会で、野党から「桜を見る会」の招待者の推薦枠や地元関係者の招待者数を問われ「今年に関しては100~200人だった」と明らかにした。招待者名簿の有無に関しては「記録に残っていない」と述べた。

 麻生氏の事務所は同日「副総理として地元関係者を対象に推薦を行ったことはない」と共同通信の取材に答えた。野党は、安倍晋三首相による国会答弁修正について「疑惑はますます深まった」と批判した。

 政権ナンバー2である麻生氏の招待者数の規模が明らかになったのは初めて。立憲民主党の勝部賢志氏への答弁。