【ソウル共同】韓国紙、東亜日報は21日、日韓の高官が接触し、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の失効を避けるための方策について議論していると報じた。外交筋の話としている。同紙は「日本の態度は変わっていない」との外交筋の話も伝えた。

 協定の失効期限は23日午前0時だが、双方の立場の違いは残ったままとみられ、失効を回避できるかどうかは不透明だ。

 聯合ニュースによると韓国大統領府は21日、国家安全保障会議(NSC)の常任委員会を開いた。決定通り協定を破棄するかどうかを協議するとみられている。