【ワシントン共同】米下院は20日、中国が香港に高度の自治を保障する「一国二制度」を守っているかどうか米政府に毎年検証を求める超党派の「香港人権・民主主義法案」を賛成多数で可決した。香港で中国の支配強化に反発するデモ隊と警官隊の衝突が激化する中、同様の法案を19日に可決した上院に続いて中国に圧力を強化。トランプ大統領は対中貿易協議への影響を懸念してきたが、一部米メディアは署名する見通しと報じた。

 下院は10月に同様の法案を可決したが、上院が全会一致で可決した法案と内容を調整した。催涙ガスやゴム弾などの香港への輸出を禁じる法案も全会一致で可決した。