脳性まひ患者など手に力が入らない人でもアコースティックギターを演奏できるよう、佐賀大で音楽療法の効能を研究する西ノ平志子さん(43)らが弦を押さえやすくする補助装置を開発した。ネックに取り付け、軽く指先で押すだけで力がかかる仕組み。リハビリ効果にも期待する西ノ平さんは実用化に向け研究を続けており、「趣味のように楽しく始めてもらえたら」としている。

 西ノ平さんは三重大大学院でロボット工学を研究後、心身ケアのための音楽療法に興味を持ち、勉強を始めた。三重県の障害者施設で音楽療法士として勤務していた約5年前、利用者からギターを弾きたいと言われ開発を進めてきた。