奈良県御所市の中西遺跡で、弥生時代前期(約2400年前)の水田跡が約3500平方メートルにわたって見つかり、県立橿原考古学研究所が20日、発表した。これまで確認された分を含めると一帯には少なくとも4万3千平方メートルの水田が広がっていたことになり、この時期では国内最大。

 水田跡は9平方メートル程度の小さな区画に分かれ、間を幅30センチ前後の小さなあぜがあみだくじの線のように走る構造。緩やかな傾斜のある地形を利用し、水があぜを越えて水田全域に及ぶ仕組みとみられる。

 水田からは十数センチから26センチほどの無数の足跡や、ほぼ同時期の洪水の跡も見つかった。