世界各国の海上保安機関のトップが集まり、海洋汚染や自然災害、犯罪などへの対処法を探る国際会合が20日、東京都内で始まった。海上保安庁と日本財団が主催し、2017年9月以来、2度目の開催。21日までの日程で、米国の沿岸警備隊や韓国海洋警察庁、中国海警局、国際海事機関(IMO)などが参加、海洋を巡る問題を幅広く議論するのが目的だ。

 開会式で、海保の岩並秀一長官は「災害の大規模化や海上の不法行為の複雑化で、一国や地域の枠組みでは限界がある」などとあいさつ。赤羽一嘉国土交通相は「グローバルな脅威が高まっており、実践的な活動が促進されることを願う」と述べた。