世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の登録15年を記念して、和歌山県那智勝浦町の那智山青岸渡寺三重の塔前で2日、風船を入れた133個の和紙製ランタンを夜空に浮かべるイベントがあった。ライトアップされた熊野那智大社のご神体「那智の滝」や三重の塔とともに、幻想的な風景を描き出した。

 ランタンの数は那智の滝の高さ133メートルにちなんだ。中に発光ダイオード入りの風船が入っており、空中に浮かぶ仕組み。糸を付け、回収できるようにした。

 参加者らは願い事を記した短冊を付けた。三重県熊野市から家族と来た高須海吏君(9)は「家族が健康でいられますようにと書いた」と話した。