京都アニメーション放火殺人事件の犠牲者36人を追悼する「お別れ そして志を繋ぐ式」が2日、京都市左京区の京都市勧業館「みやこめっせ」で開かれ、国会議員や業界関係者ら約500人が参列した。

 式の冒頭、全員で黙とうをささげた。京アニの八田英明社長は、国内外から多額の義援金が寄せられていることに触れ「皆さまからの支援が大きな力になっている」と感謝。「事件の災禍は計り知れないほど大きいが、これからも世界中の人たちに夢と希望と感動を育むアニメーションを届けたい」と決意を語った。

 西脇隆俊京都府知事や門川大作京都市長ら参列者が祭壇に献花、手を合わせ犠牲者を悼んだ。