宮城県丸森町観光物産振興公社は2日、台風19号の影響で休止していた、屋形船による阿武隈川の川下りを3日午前から再開すると決めた。断水の解消で町内の施設に営業再開の動きが出てきたのに合わせたもので、コースの安全性も確保できたという。担当者は「こんなときだからこそ元気で頑張っている姿を見せたい」と意気込む。

 公社によると「阿武隈ライン舟下り」は遊覧船で約8キロのコースを1時間ほどで周遊する。台風では、川沿いの噴水や観音像が壊れるなどの被害を受けた。東日本大震災前は年間1万人だった利用客は、震災後には千人ほどに激減。昨年は約5500人と回復傾向にあった。