【デモイン共同】来年の米大統領選で政権奪還を狙う民主党は1日、中西部アイオワ州デモインで大規模な候補者演説会を開いた。来年2月3日の党候補者指名争いの初戦となる党員集会まで約3カ月となる節目のイベントには、中道バイデン前副大統領や最左派ウォーレン上院議員ら主要候補が順次登壇。混戦が続く中、各候補は支持拡大を狙った。

 各種世論調査の平均支持率では、バイデン氏がトップ、ウォーレン氏が2位で続き、最左派サンダース氏が3位。ただアイオワ州では、中西部インディアナ州サウスベンドのブティジェッジ市長も上位に食い込む。