【ワシントン共同】米プロバスケットボールNBA、ウィザーズの八村塁は1日、ワシントンのチーム施設で練習し、本拠地で2日(日本時間3日)に行われるティンバーウルブズ戦に備えた。公開された終盤は3点シュートなどで体を動かし、スタッフと話し込む姿も見られた。報道陣への対応はなかった。

 ここまで全4試合に先発し、新人では3位の平均18・0点(10月31日時点)を記録。ブルックス監督は「若いのに精神面が強い。褒めることしかない」と言う。前の試合では3点シュートを初めて成功させると、さらに2本を決め、新たな一面を見せた。