【ニューヨーク共同】米アップルが、中国で生産している腕時計型端末「アップルウオッチ」や無線イヤホン「エアポッド」など製品や部品について、中国からの輸入品を対象とする制裁関税の適用を撤回するよう米政府に求めたことが1日、分かった。

 アップルが米通商代表部(USTR)に提出した文書で明らかになった。パソコン「iMac(アイマック)」や人工知能(AI)を備えたスピーカー「ホームポッド」も含む。アップルは、対象品は消費者向けで、中国の製造業の発展戦略と関係がないと主張した。