【ニューヨーク共同】米アップルは1日、日本を含む100以上の国や地域で、定額制動画配信サービス「アップルTV+(プラス)」を始めた。スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」といったアップルの端末や対応テレビで楽しめる。価格は日本で月600円、米国で4・99ドル。

 インターネットの動画配信を巡り、有料加入者が世界で1億5千万人を超える米ネットフリックスが先行。米メディア大手のウォルト・ディズニーやワーナーメディアも米国で参入する計画で、米紙は「ストリーミング戦争」と競争の過熱ぶりを伝えている。