【ロンドン共同】欧米石油大手3社の2019年7~9月期決算が1日出そろった。前年同期と比べ、英BPは純損益が赤字に転落し、米エクソンモービルも純利益を大幅に減らした。売上高は3社とも10%を上回る減少となった。原油価格の大幅な下落が響いた。

 BPは7億4900万ドル(約810億円)の赤字だった(前年同期は33億4900万ドルの黒字)。今夏米国で発生したハリケーンの影響で生産が落ち込んだことも赤字に陥る要因となった。

 エクソンの純利益は前年同期比49%減の31億7千万ドル。英オランダのロイヤル・ダッチ・シェルは1%増の58億7900万ドルだった。