【グルノーブル(フランス)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、フランス杯は1日、フランスのグルノーブルで開幕し、男子ショートプログラム(SP)は2018年平昌冬季五輪銀メダリストで今季GP初戦の宇野昌磨(トヨタ自動車)がジャンプで2度転倒し、79・05点の4位となった。

 世界選手権2連覇中で第1戦のスケートアメリカ覇者のネーサン・チェン(米国)が102・48点で首位発進した。両親が日本人で昨季の世界ジュニア選手権王者の樋渡知樹(米国)は68・70点で10位と出遅れた。