ビックカメラなどの家電量販店が19日、携帯電話会社を自由に選べる「SIMフリー」版の米アップル製スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を22日から一部店舗で売り出すと発表した。これまではアップルの直営店とオンライン店舗だけで扱ってきたが、購入できる店が増える。流通業界では、アップルが取引条件を変えたとの見方が出ている。

 ビックカメラの東京都内2店のほか、ヨドバシカメラの東京と大阪の計2店で取り扱う。イオンリテールが運営するアップル専門店「ニューコム」も埼玉、広島、沖縄各県の計3店で販売する。