競泳女子の大橋悠依(イトマン東進)が19日、スペインで行っていた約3週間の高地合宿を終えて羽田空港に帰国し、「脚の打ち方に迷っていたけど、やっと見つかった。体が浮いてくれば自分の持ち味の軽い泳ぎが出てくると思う」と手応えを口にした。

 21日から始まる東京都オープンに向けて「個人メドレーでしっかりと力が出せるようにやっていきたい」と意気込んだ。