安倍晋三首相は19日、自民党の保守系グループ「日本の尊厳と国益を護る会」(代表幹事・青山繁晴参院議員)と官邸で面会し、「女性天皇と女系天皇の違いについて、国民的な理解が十分進んでいない」と述べ、理解を求める活動が必要との考えを示した。

 父方に天皇を持つ女性天皇は前例があるのに対し、母方が天皇の血筋を引く女系天皇は前例がない。首相は面会で「古来、男系継承が例外なく行われたことの重要性を踏まえ、慎重に検討していきたい」と強調した。

 青山氏らは、安定的な皇位継承に向けた提言を手渡した。旧宮家(旧皇族)の皇籍復帰を可能とするため、法整備を求める内容。