菅義偉官房長官は19日の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」を巡って、国会議員の招待枠について今後、撤廃も含めて見直しを検討する考えを示した。高市早苗総務相は会見で、桜を見る会前日の夕食会費用に関し「政治資金規正法上の違反には全く当たらない」とした安倍晋三首相の説明について「総務省は個別事案に実質的な調査権を持っていない。予断を与えるようなことを述べるのは差し控えたい」と語った。

 菅氏は、国会議員に便宜を図るような招待枠を廃止する考えはあるかと問われ「当然、そういう方向になってくる」と述べた。