【北京共同】北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長は19日未明、米国が今月計画していた韓国との合同軍事訓練の延期を決めたことに対し談話を発表、「米国に要求しているのは完全中止だ」と述べ、敵視政策を撤回しない限り非核化交渉に応じる気はないと強調した。

 エスパー米国防長官は17日に訓練延期を発表、前提条件なしに交渉に戻るよう促していた。

 金氏は、訓練を延期しても「朝鮮半島の平和と安全が保障されるわけでも問題解決のための外交努力に役立つわけでもない」と主張。訓練延期は、北朝鮮が米国の態度転換を要求した年末の期限をやり過ごすための時間稼ぎにすぎないと批判した。