2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場について、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は19日、全工事が完了したと明らかにした。今後、不具合などの検査を経て30日正午に大成建設などの共同事業体(JV)から引き渡しを受ける。整備費は1569億円の見込み。賃金や物価上昇を反映し、増額となったが、設定された上限の1590億円は下回る。

 萩生田光一文部科学相は19日、競技場の後利用について、民営化の計画策定時期を大会後の20年秋以降に先送りし、その後に公募を行うと明らかにした。当初は今年半ばごろに計画を固める予定だった。