総務省は18日、今年7月の参院選を巡り、投票用紙の二重交付など選挙事務上のミスや問題が全国で200件に上ったと発表した。同省によると、記録の残る1995年以降の国政選挙や統一地方選で最多となった。

 各都道府県から総務省が報告を受けて集計。内訳は、投票用紙交付や本人確認の誤りなど投票関係が114件で最も多かった。比例代表で候補者の得票を別の候補者に計上したケースなど、開票関係は19件だった。

 都道府県別では大阪府と兵庫県がそれぞれ14件と最多。北海道の13件、千葉県の10件が続いた。