キリンビバレッジは18日、茶飲料「キリン 生茶デカフェ」の一部商品でペットボトル容器の口部分に傷が見つかったため、約430万本を自主回収すると発表した。キャップ部分の密封性が保てず、開封前に空気に触れる恐れがあるという。現時点で、健康被害の報告はないとしている。

 回収対象は、キャップ下部に記載された賞味期限が2020年4月20日~6月20日の商品で、同社の湘南工場(神奈川県寒川町)で今年7月24日~9月24日に製造された。洗浄工程で容器の口部分と洗浄ノズルが接触し、傷が付いたのが原因。

 キリンビバレッジは「品質管理を徹底し、再発防止に努める」としている。