不動産経済研究所が18日発表した首都圏(1都3県)の10月のマンション発売戸数は、前年同月比29・5%減の2007戸だった。調査を始めた1973年以来、10月として過去最低。台風19号の影響で3連休などに営業できず、発売が11月以降へ繰り下げになった物件も多かった。

 発売された月に売れた割合を示す契約率は42・6%と、75年8月の42・0%以来の低水準。1戸当たりの平均価格は前年同月比1・0%増の5992万円だった。