日本ハムの吉田輝星投手が18日、千葉県鎌ケ谷市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、30万円増の年俸1030万円でサインした。秋田・金足農高から入団し、新人だった今季は4試合に登板して1勝3敗、防御率12・27。「金額が上がるうれしさを1年目で実感できた。来季への原動力につながる」と引き締まった顔で話した。

 今年、最も思い出に残ったのはプロ初登板勝利を挙げた6月12日の広島戦だという。「5回を投げ切ったときはすごく充実感があった。うれしかった」と笑顔を見せた。だが、その後は3連敗に終わり「厳しさを思い知らされた」と振り返った。(金額は推定)