菅義偉官房長官は18日の記者会見で、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)が失効した場合の影響は限定的との見方を示した。北朝鮮によるミサイル発射を念頭に「米国と協力して万全の体制をとっている。韓国とはGSOMIAに基づき、補完的な情報交換をしている」と述べた。

 韓国側の協定破棄決定に関しては「現下の地域の安全保障環境を完全に見誤った対応だ」と重ねて批判した。17日の日韓防衛相会談で議論が平行線に終わったことには「引き続き賢明な対応を求める努力はしたい」と強調した。