和歌山県白浜町役場の金庫から公金など約55万円を盗んだとして、白浜署が18日、窃盗容疑で町の男性職員(27)を書類送検したことが捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、容疑を認めており「パチンコや借金返済のためだった」などと供述している。

 町によると、9月25日に別の職員が金庫を確認した際、公金や休職中の職員から一時的に預かっていた保険料など計55万6千円がなくなっていることが発覚。翌日朝に全額返却されていたが、男性職員が突然欠勤を申し出たことなどから事情を聴くと、盗みを認めた。

 町は9月30日、同署に被害届を提出。近く処分を発表する予定。