明治神宮野球大会第3日は17日、神宮球場で準々決勝が行われ、高校は中京大中京(東海)と高崎健康福祉大高崎(関東)、大学は慶大(東京六大学)と城西国際大(関東1)がベスト4に進んだ。

 中京大中京は小刻みに加点し、明徳義塾(四国)に8―0で七回コールドゲーム勝ち。高崎健康福祉大高崎は延長十回タイブレークの末、明豊(九州)に5―4でサヨナラ勝ちした。

 慶大は一回に6点を奪うなど打線がつながり、東海大札幌(北海道)を9―0の七回コールドゲームで退けた。初出場の城西国際大は広島経大(中国・四国)の反撃をしのぎ、5―3で下した。