【バンコク共同】エスパー米国防長官と韓国の鄭景斗国防相は17日、タイ・バンコクでの会談後、今月中に予定されていた米韓両軍による航空機主体の合同訓練の延期を発表した。訓練に強く反発する北朝鮮に配慮を示すことで、非核化を巡る米朝協議を早期に再開させたい考えだ。

 エスパー氏は延期決定に関し「朝鮮半島に平和をもたらすための外交努力を支える」と説明。「北朝鮮に前提条件なしで、ちゅうちょなく交渉のテーブルに戻ることを強く求める」と呼び掛けた。

 鄭氏は延期後の実施時期について、非核化交渉などの状況を見極めて判断するとの意向を示した。