【ワシントン共同】米南部ルイジアナ州知事選の決選投票が16日、実施された。即日開票の結果、民主党の現職エドワーズ氏が共和党新人の実業家リスポーニ氏を破り、再選を果たした。AP通信が報じた。共和党は5日の南部ケンタッキー州知事選に続き、保守層の強い地域で連敗を喫した。

 自ら現地入りし、ツイッターでも応援するなど共和党知事の復活に向け盛んにアピールしてきたトランプ大統領にとっては大きな打撃。来年11月の大統領選に向けた懸念材料にもなりそうだ。

 2016年に就任した民主エドワーズ氏は陸軍出身で、保守層にも支持を拡大。財政再建に取り組んだ実績をアピールした。