【リオデジャネイロ共同】スケートボードの東京五輪予選対象大会の今季開幕戦となるSTUオープンは16日、リオデジャネイロで行われ、ストリート男子は準決勝で白井空良が33・27点で2位、堀米雄斗が31・62点で7位に入り、17日の決勝に進んだ。

 女子は準決勝で西村碧莉が5位となり、日本勢ではただ一人勝ち上がった。

 パーク女子は準決勝を岡本碧優が62・00点でトップ通過。四十住さくらも47・50点の4位で突破した。男子は笹岡建介が準決勝、平野歩夢は予選で敗退した。