北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさん=失踪当時(13)=が1977年11月15日に消息を絶ち42年が過ぎ、現場となった新潟市で16日、拉致問題の早期解決を求める「忘れるな拉致 県民集会」(新潟日報社など主催)が開かれた。母早紀江さん(83)が日本政府に対し「一日も早く無事に帰り、喜べる日を与えてほしい」とビデオメッセージで訴えた。

 約710人が参加。県によると、早紀江さんは入院中の父滋さん(87)の看病や自身の体調を考慮し欠席となった。めぐみさんの弟横田哲也さん(51)が出席し「姉を助けてください。日本の地を踏むまで力を貸してほしい」と呼びかけた。