経営統合の協議を進めているヤフー親会社のZホールディングスとLINE(ライン)がそれぞれ手掛けるスマートフォン決済「ペイペイ」と「LINEペイ」が、当面併存する方向となっていることが16日、分かった。経営統合は2020年中の完了を目指して調整しており、週明けにも両社で正式に合意し、発表する見通し。

 ペイペイは登録者数が1900万人を超え、LINEペイも約3700万人に達している。このため両社が費用を投じて築いたサービスのブランドは生かしつつ、システムの連携で効率化することを検討する。