【コロンボ共同】スリランカで16日、大統領選の投票が行われた。4月に日本人1人を含む250人以上が死亡した連続爆破テロが起き、治安対策が主な争点。過去最多の35人が立候補したが、プレマダサ住宅建設・文化相(52)とラジャパクサ元国防次官(70)の事実上の一騎打ちとなった。

 有権者は約1600万人。即日開票され、過半数を獲得した候補が当選する。接戦の可能性があるが、順調なら大勢は17日に判明する見通し。

 スリランカは海上交通路の要衝。プレマダサ氏はインド寄りの議会多数派、統一国民党(UNP)の副代表で、ラジャパクサ氏は親中政策を取った前大統領の弟。