野球の東京五輪予選を兼ねる国際大会「プレミア12」は15日、東京ドームで2次ラウンドの2試合が行われ、韓国(1次ラウンドC組1位)がメキシコ(A組1位)を7―3で破ったことにより、3勝1敗の日本(B組1位)と韓国の2位以内が確定して決勝進出が決まった。メキシコは3勝2敗で3位決定戦に回る。

 韓国は東京五輪出場も決めた。開催国枠で出場する日本を除くアジア・オセアニア地域の最上位が確定し、出場権を獲得した。

 日本は韓国と16日の2次ラウンド最終戦で1位通過を懸けて戦い、17日の決勝でも対戦する。

 東京五輪の出場権は米大陸の最上位チームにも与えられる。