2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、観客向けの暑さ対策として、1人1本に限り、750ミリリットルまでのペットボトル入りノンアルコール飲料を競技会場に持ち込むことを認めると発表した。近年の大会では液体を使ったテロへの警戒から持ち込みは禁じられてきたが「特例措置」として容認する。水筒も持ち込み可能とするが、容量の基準は未定。中身を凍らせたペットボトルの扱いは今後検討する。

 暑さをしのげるよう、屋外会場に日よけテントを増設することや、一定数の水飲み場を確保する方針も示した。

 選手がアイスバスなどで使えるよう、氷は大量の1360トンを調達する。