大相撲九州場所6日目(15日・福岡国際センター)一人横綱の白鵬が平幕明生を危なげなく上手出し投げで下し、1敗で単独トップに立った。

 かど番大関の高安は妙義龍に寄り倒され、3連敗で2勝4敗。大関貴景勝は玉鷲に押し出されて2連敗で3勝3敗となった。関脇御嶽海は宝富士に寄り切られて4敗目を喫し、場所後の大関昇進は絶望的となった。新小結朝乃山は小結遠藤に下手投げで敗れて2敗目。

 1敗の白鵬を2敗で朝乃山、小結北勝富士、明生ら12人が追う大混戦となった。