消費者庁は15日、木製ベビーベッドの収納部分の扉が開き、乳児がベッドの隙間に挟まって窒息する事故が相次いでいるとして、使用時に注意するよう呼び掛けた。扉部分がロックされていることを必ず確認することが重要と説明している。

 同庁消費者安全課によると、事故は今年、東京都内で2件発生。6月に8カ月の乳児が死亡し、9月には9カ月の乳児が重症となった。

 いずれも、ベッドの下部に扉付きの収納部分があり、ベッドは床板の高さを調整できるようになっていた。収納部分の扉が開くと、収納部分の上枠と床板に敷いた敷具との間に隙間ができ、乳児の頭部が挟まるという。