青森県八戸市の路上で小6女児が切り付けられた事件で、殺人未遂容疑で逮捕された市立中の男子生徒(14)の自宅を、県警が家宅捜索し、スマートフォンを押収したことが15日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜索は14日。スマホは生徒の家族が以前使っていたもので、生徒がインターネット閲覧に使っていた可能性があるとみて閲覧履歴などを調べ、動機解明を進める。

 生徒が、事件後に着替えて塾に行ったことも判明。県警はいったん帰宅し、凶器のカッターナイフが入ったかばんを置いて出掛けたとみている。

 男子生徒は「人を殺してみたかった。誰でも良かった」という趣旨の供述をしている。