安倍晋三首相は15日、「桜を見る会」の前日に開かれた夕食会を巡り、全ての費用は参加者の自己負担であり、事務所の収入や支出は一切なかったと説明した。収支内容は適正で違法性はないと主張。桜を見る会の出席者が近年増加したことは「長年の慣行とはいえ、反省しなければならない」と陳謝した。夕食会の会費1人5千円に関してはホテル側が設定した価格であり、安価との指摘は当たらないとした。官邸で記者団に述べた。野党は首相による国会での説明を求めた。

 首相は、旅費、宿泊費を含め「費用は参加者の自己負担だ。安倍事務所、後援会の収入、支出は一切ない」と語った。