JR東日本は15日、台風19号の影響で運転本数を減らしている北陸新幹線の新たなダイヤを発表した。12月27日から来年1月5日までの年末年始は、臨時列車を含め986本を運行し、前年同期比9割の本数になる。

 現行の臨時ダイヤは11月29日まで。30日以降、東京―金沢間の直通列車は定期ダイヤの運転本数が100%に回復する。

 北陸新幹線は台風による不通区間を解消し、10月25日に全線直通運転を再開した。